Re:Born(リボーン)橋本純樹 クロスリテイリング株式会社 は本当に稼げるのか?

橋本純樹 FX
橋本純樹

masa管理人です。

11月になりましたね。日中も過ごしやすなりましたが、時折寒さも感じる季節になってきましたね。

コロナの話題は尽きませんが、少しは減ってきている感じもしますね。 さあ!今月も商材研究頑張って参ります!

さて今回は『 Re:Born』という商材について取り上げたいと思います。

当案件について、様々な角度から色々とお調べになって、私どもが管理するサイトに辿りつかれたことだと思われます。ありがとうございます。当サイトを通じて、参考にして頂ければ何よりです。

概要 (ライジングページより引用)

キーワードは「上か、下か」

誰でも勝率92%の衝撃・・・
FXを超えたFX『最新神理論』
ワンクリック24/7
スキャル

その名も

Re:Born

出典元 https://lp.cross-contents.com/hashimoto/reborn2/cafc2.html?af=6579

商材の特徴

FXの自動売買ツールです。

「ワンクリックスキャル24/7」は相場分析が不要
勝率92%、一撃183万円の利益を叩きだす。
24/7というのは英語で年中無休とか四六時中という意味です。

必要な時間はわずか15分
「ワンクリックスキャル24/7」を自動化した最新投資ツール
Re:Bornのロジックをマスターに要する時間はわずか15分とのことです。

たった一つの確認事項とワンクリックのみ
このツールを使うと「上」か「下」かという1つの確認作業と
ワンクリックだけで「ワンクリックスキャル24/7」の
ロジックを再現できるとのこと。

特定商取引法に基づく表記

販売業者 クロスリテイリング株式会社

運営責任者  松野有希

所在地 東京都墨田区錦糸一丁目2番1号 アルカセントラル12F

連絡先 03-5244-5377

メールアドレス support@hsmt.cross-academy.jp

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

橋本純樹氏とは

橋本純樹氏は日本投資家育成機構という、クロスリテイリングのグループ会社に所属している講師です。

ちなみに日本投資家育成機構の会長はクロスリテイリング社創業者の山口孝志氏です。

山口孝志氏は過去に脱税で在宅起訴されています。

評価 評判について

 

「Re:Born」のような情報商材の多くは、前提条件を隠したままで初心者が飛びつくような「良い面だけ」をPRに使っています。

例え、軍資金が用意出来たとしても一撃で183万円を獲得するには条件にもよりますが、チャンスは多くありませんし、軍資金も数100万円レベルになることを理解しておくべきです。

出典元  https://syu1onst.com/review/tool-reborn.html

 

 

「勝率92%」であっても、必ずしもそれで、「利益」が得られるわけではないことです。

それを使用したときに、・元手がいくらで・どれだけの期間で・いくらの利益を得たのか・途中でどれだけ連敗して・その時の赤字はいくらだったのかという具体的なデータが必要です。

出典元 https://fukugyo8.net/hashimoto-reborn-fx/

 

 

数回にわたって動画を公開していく手法は典型的なプロダクトローンチと言えます。無料と紹介ページ上では記載されていますが、プロダクトローンチという手法に頼るという事は、必ず何かしらの販売が行われると見るべきです。

口コミや評判が非常に悪いことから、個人情報を入力してRe:Born(リボーン)へ参加するのは避けた方がいいと思います。

出典元 http://sideline-research.net/?p=5195

 

まとめ 『 Re:Born』についての感想

クロスリテイリング社と共同開発での商材ということもあって、セールスページの数値内容に関してはやはり誇大広告と感じざるを得ません。

フォワード実績のトレード履歴がどうみても稼げると立証できるものではありませんでした。

ただこの商材は無料公開ということでしたが、最終的には高額バックエンドへの誘導でしたね。その内容は198000円のパソコン購入の勧誘ということです。 結局はこのパソコンを売りたいが為の商材だったみたいです。

勝率92%の根拠もないような高額な商材に稼げる可能性は極めて低いと思われます。

これらのことから私個人的にはおすすめは致しません。しっかりとご検討されることを願います。 今回の内容が危険回避の一躍を担えれば何よりです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました