マスターピースFX (Master Piece FX) TAMURA クロスリィテイリング株式会社 は稼げるのか?

FX

masa管理人です。

9月に入ってからも暑さが絶えないですね。これも地球温暖化の影響なんでしょうかね。 そんな中でも日々商材研究に打ち込んでおります!

さて今回は『マスターピースFX』という商材について取り上げたいと思います。

当案件について、様々な角度から色々とお調べになって、私どもが管理するサイトに辿りつかれたことだと思われます。ありがとうございます。当サイトを通じて、参考にして頂ければ何よりです。

概要 (ライジングページより引用)

さあ、これから時代は変わる。好きなことをして自由に過ごし、ほったらかしで億を稼ごう。

世界初完全自動で
勝率97.18%×341連勝
そして5億円、10憶円を軽々と超える!
ついにベールを脱いだ、究極の完全自動EA。
努力不要、学習すら不要!まったくのFX初心者からでも億を狙える!

販売価格は、327,800円

出典元 https://tamura-master.s3.amazonaws.com/system/top/it_inv.html

商材の特徴

ほったらかしでも5億円、10億円を目指せる誰もが目指せる!世界初の完全自動EAです。

勝率97.18%だから安心して任せられるらしいです。

15年間、最大ロードダウンはたったの3.46%とのことですがが本当ならば凄いです。

サポート体制

・無期限&回数無制限のコメントサポート

・90日間回数無制限のメールサポート

・TAMURA氏の動画によるフォローアップサポート

・インストールに関する保証&遠隔リモート操作サポート

特定商取引法に基づく表記

販売業者 クロスリィテイリング株式会社
運営責任者 松野有希
所在地 〒130-0013 東京都豊田区錦糸1丁目2番1号アルカセントラル12F
電話番号 03-5244-5344
メールアドレス upport@tamura-master.coms

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

評価 評判について

 

フォワードテスト(実践トレード)での運用結果は全くもって”不明”なまま販売されているわけです。最初から否定的な部分を取り上げたくはありませんが、フォワード実績非公開のEAでありながら、30万円という価格設定には疑問を禁じ得ません。

自信の裁量スキルを磨き、堅実な運用が出来るようになるためのスキルアップに投資するほうが、よほど有意義です。

出典元 http://www.bakuroita.com/202002/4epmth.html

 

 

これまで発行している案件に対してここまで連続的にこうした画像を掲載するのは、「モザイク加工しなければ不都合があるから」ともう自分で言っちゃっているようなものだと思うのですが…。まーいずれにしても、モザイク加工されまくりの画像に実績を証明する効力はありません。

出典元 https://jill.fun/2020/10/27/master-piece-fx-tamura%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F/

 

 

フォワードテストらしきものはありましたが、モザイク処理が施されており何が何だか分かりません。実際に稼げましたと表しているページもありましたが、ロット10で運用されており、レバレッジや初期証拠金も載せていないませんでした。期間も1か月と短く、全体的に信ぴょう性の低いデータと判断できます。

出典元 https://blog.sioricmt.com/entry/masterpeasedaaa

 

まとめ 『マスターピースFX』についての感想

FXの自動売買ツールで億越えの利益というのは今まで聞いたこともありません。 完全自動売買ツールは初心者ほどリスクのあるツールです。

最大ロードダウンはたったの3.46%と記載はしていますが、その根拠はどこにも記載しておりません。またEAで341連勝もできるのかといのも疑問を持つばかりです。

バックテストの結果も掲載されておりません。 FX自動売買ツールにおいては結果実績が全てです。

本当に15年にわたって稼ぎ続けてこれたのかは,あまり信用できるものではありません。セールスページの全て数値説明は誇大すぎる広告であると感じます。

サポート体制に関してはある程度しっかりしているとは感じましたが、これらの情報・内容で価格が327,800円は非常に高いと思われます。

良い口コミなども多いと感じましたが、ほとんどがアフェリエイト目的と思われます。ご注意下さい。

これらのことから、私個人的にはおすすめは致しません。 今回の内容が危険回避の一躍を担えれば何よりです。最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました