電脳ブレイントラスター 株式会社トレジャーグローブ 林 健太郎 の内容・評判は?

せどり 転売

こんにちは。

masa管理人です。

さて今回は『 電脳ブレイントラスター 』という商材について取り上げたいと思います。

当案件について、様々な角度から色々とお調べになって、私どもが管理するサイトに辿りつかれたことだと思われます。ありがとうございます。当サイトを通じて、参考にして頂ければ何よりです。

最近はコロナの影響も凄いですが、猛暑も重なり 過ごしずらい日々になりましたね。

まあこんな時だからこそ、出来ることもあるかとは思います。

私は日々商材の研究を行っております! 頑張って皆様方に様々な情報を提供して参ります!

概要 (ライジングページより引用)

いつまでたっても電脳せどりが上手くいかない 電脳迷子に捧げる!

のべ、1000人を超えるアンケートを元に

迷えるせどらーの問題点をツール×ノウハウで徹底排除!

Anazonに横流しで稼ぐツールが完成!

30日間であなたに本当の電脳せどりをみっちり叩き込みます!

月額9,800円
24時間、いつでも電話・メールで対応。

出典元 http://koubou2.com/lp/dbt/

商材内容

せどりの攻略ノウハウですね。 せどりツール、電脳ブレイントラスターとは、Amazonに登録されている商品とヤフオクで出品されている商品との価格差を見つけて、 自動で利益が計算されるツールとなります。

商品の登録さえすれば、上記のような価格差のある商品を自動で見つけてくれて、そのあとはその商品を落札・購入をし、アマゾンにて販売すれば利益がでるというこです。

アマゾンで販売されている商品と同じもので、利益の出る価格差の商品をヤフオクで見つけてくれるツールですね。

利益例 セールスレターから引用

ヤフオクで12個セットで8990円で販売している商品が、アマゾンでは2個セットで2990で販売。

セット販売できたとして、2990円×6=17940円

この額からアマゾンからの手数料・配送費などの経費が引かれて、利益額5016円になるということです。

特定商取引法に基づく表記

 

販売業者名 株式会社トレジャーグローブ
運営統括責任者 林 健太郎
住所 大阪府大阪市生野区勝山北3-1-17
電話番号 050-3740-3555
メールアドレス info@b-truster.net

特商法とは、インターネット上での取引きには、必ず事業者名、代表者名、住所、連絡先などにおいての表記が義務つけられております。表記のない場合は規約違反を犯しているという認識が必要です。

評価 評判について

 

冷静になって考えていただきたいのですが、せどりを行う上で『軍資金』は欠かせません。
もし仮に利益率30%で計算すると、
・仕入れ金額:150万円
・その他経費:60万円
・利益:90万円
最低でもこれくらいは必要です。
もし150万円もの軍資金がなければ、少ない資金で徐々に増やしていくしかないのですが・・・。

出典元 https://booksedori-nk.com/denbure-school

 

 

デメリット

  • 電ブレはツール(道具)なので使わなければ意味がない
  • 月額約1万円、買い切りなら約30万は必要とまあまあ高額
  • 無在庫出品には向いていない
  • 出品機能はついていない
  • 仕入れ資金が足りなくなる

メリット

  • 自分の知らないお宝商品を仕入れ出来る
  • 儲かる商品を自動で見つけてくれる
  • 作業が集約されてる
  • 仕入れ時間の大幅短縮
  • 仕入れリストの構築
  • 在宅での電脳仕入れが完結する
  • 仕入れの外注化が簡単になる
  • サーバー型なので家でも事務所のパソコンでもどこでも使える

出典元 https://camerasaikou.com/denbure-review

 

まとめ▼『 電脳ブレイントラスター』についての感想

セールスページに 「ツール利用者が300万え越えを達成!」 「コスメも5秒で見つけて5秒で12000円利益!」などなど 大々的には謳っていますが、このツールを利用して本当にそう簡単に稼ぐことができるかは疑問が残るばかりです。

そもそもアマゾンではライバルが非常に多い中、価格を変えずにライバルとは戦え抜けないということです。強豪セラーも非常に多い中、ある程度メジャーな商品で戦えるとは思えません。

またセールスページの例に上げているアマゾン商品ですが、どのレビュー☆3程度とあまり良い評価のものではありません。アマゾンでは価格・レビュー・キーワード・広告・画像などなど、販売戦略において、やらなければならないことが沢山あるということです。

ヤフオクで安価な商品を仕入れて、アマゾンで販売するといことですが、ヤフオクではアマゾンで売れなくなった商品をヤフオクで安価で売るというケースも普通にあるからです。

そう考えるとこのツールを使用して、本当に稼げるかどうかは疑問を感じざる負えません。

ただ儲かる儲からないは別として、商品リサーチという観点においては、効率化が図れるツールではないかと思われます。

ただ月額9800円と考えると、非常に高いといった印象です。

こういった観点から私個人的には、この商材は見送り案件とさせて頂きます。 しっかりとご検討されることを願います。

今回の内容が危険回避の一躍を担えれば何よりです。最後までご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました